読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イシュタルの娘~小野於通伝~ 伝その2 燃える城

こんにちは!

 

歴女のミハルです。

 

 

そうして、於通は他の人にはどうやら見えていない

 

自分の能力をだんだんと認識していくようになって、

 

のちに明智光秀が起こす本能寺の変とかも見えちゃったりする。

 

いやー、たいへんよね、こういう能力持ってると。

 

 

時は1580年、天正8年。

 

この頃は、信長の庇護の元、イエズス会からやってきた

 

南蛮の西洋人たちも、とっても優遇されてたりします。

 

だから、信長が城主だった安土城の城下町は

 

教会なんかも建てられたりして案外な国際都市だったんですよ!

 

チョンマゲのお侍さんたちに混じって、

 

青い目の西洋人たちもたくさんいたとか、

 

ちょっと想像つかないけど、すごく楽しいよね!

 

たぶん今の渋谷みたいな感じ。

 

日本もこの頃は鎖国してないし、海の外の人たちと

 

すごーく交流していたんだよ。

 

でね、おもしろいのは、新しモノ好きの信長なんかは、

 

首の周りにフリフリの輪っかがついた

 

あの頃の宣教師たちが着ていた洋服なんかを着たりしてるわけ(笑)。

 

頭はチョンマゲ。

 

もう、今の人からするとすごくセンスがないけど、

 

当時はそれはそれは最先端!

 

あと500年とかしたら、今の私たちの格好だって

 

けっこう笑いモノになってたりするかもね。